2016年1月13日水曜日

食の安全に「国際標準」導入を義務化へ…厚労省

食の安全に「国際標準」導入を義務化へ…厚労省

何やら、食品衛生管理の国際標準であるHACCP(ハサップ、危険度分析に基づく重点衛生管理)の導入が国内で実施されていく方針となったよう。

HACCP(ハサップ)とは


東京五輪を数年後に控え、食の国際基準導入の必要性が高まっているという事ですね。

厚労省ではHACCP(ハサップ)に取り組む企業の公表を行っていく「HACCAPチャレンジ企業」という企画も実施するようです。

厚労省 HACCP(ハサップ)に取り組む企業の公表

食の安全は今後さらに大切になってきます。

料理を作る水も同様。

水の世界基準である純水、さらに注目度が高まりそうです。

蛇口の水から純水が作れる純水器、「スーパーピュアウォーター匠

2016年1月8日金曜日

皮膚の乾燥 入浴剤

皮膚の乾燥 入浴剤

今年は暖冬となり、比較的暖かい天候ですごしやすい冬となっています。

しかし、空気が乾燥がちなのは例年通りで、日頃からの乾燥対策は欠かせません。

すぐにクリームを塗ったり、すぐにケアできる部位のほか、カラダ全身のケアにはやはりお風呂で使う入浴剤となるでしょうか。

ただし、これら市販の入浴剤には注意が必要です。

現在市販されている入浴剤ですが、入浴剤の多くは硫酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウムなどが主な成分となっています。

ただ、これ以外に香料・着色料など、様々な成分も含まれており、これらも経皮吸収(皮膚を通して体内に侵入する事)されます。

これら人工的な成分はカラダに良いとは決して思えません。

ましてや赤ちゃんにこういう入浴剤は厳禁。

つまり、市販の入浴剤はカラダに良い成分・良くない成分とが混在している製品が殆どという現状といえます。

カラダに優しいのは、やはり天然成分のものであるのは間違いありません。

天然成分の入浴剤「不動源水」

2016年1月6日水曜日

そのRO膜浄水器、実用的ですか?

純水器「スーパーピュアウォーター匠」の特徴

ここ最近、RO膜を使ったさまざまな浄水器が多く販売されるようになりました。

しかし、製品の中には実用品としてはあまり役に立たない性能のものも少なくないようです。

その一つが「ろ過スピード」です。

安価な製品の多くが水タンクを備えたシステムとなっていますが、その理由は「水がたまるのに時間が掛る」為です。

純水をつくるのに時間がかかる為、チョロチョロと出る純水をタンクに貯めておく必要があるわけです。

いくら綺麗な純水がつくれるからと言って、数リットルの純水をつくるのに数時間もかかるようでは実用的ではありません。

スーパーピュアウォーター匠で1リットルの純水をつくるのに必要な時間は1分です。

これなら、料理をつくる数分前に装置を動かし純水をすぐに貯められます。

これ以上のスピードを求めるなら一回り大きな設備が必要となりますが、一般家庭から飲食店での使用であれば充分実用的な性能だと思います。

2016年1月5日火曜日

あらためて実感。 サラダとの相性抜群! 不動源水

あけましておめでとうございます。

ついつい暴飲暴食してしまう(笑)正月が終わり、気を引き締めて今年の仕事をスタート。

暫くはサッパリした食事を心がける為、サラダを積極的に取り入れます。

以前から、「不動源水はサラダのドレッシングと合わせるといい」とオススメしていましたが、あらためてこれを実感しました。

基本的にドレッシングはどんな種類でもOKですが、これと不動源水を1:1で合わせ、これをサラダに掛けます。

これが野菜と非常に相性がいい。

美味しくて、しかもミネラルも充分にとる事が出来るなんて最高です(笑)。

不動源水は酸味のある味なので、サラダに限らず、基本的に酸味のある料理との相性が最も良いのだと思います。

これからも、色々な料理との相性を検証していきたいと思います。

天然マルチミネラル不動源水